紹介文

Unity2019.2.0を使用

最終更新日時
2020年8月28日 16時26分
レッスン一覧
1Dungeonの設定

ProBuilderを使って簡単なダンジョンを設定します。

2Playerの設定

一人称視点のプレーヤーを設定します。

3プレーヤーを歩かせる

プレーヤーに「歩く」機能を実装します。

4プレーヤーを走らせる

走る機能の実装。『歩く』と『走る』を切り替える機能の実装

5プレーヤーの視点を変更する

マウス操作でプレーヤーの視点を変更できる機能の実装

6プレーヤーが方向転換できるようにする

プレーヤーが向いている方向に歩いたり、走ったりできるようにします。

7プレーヤーをジャンプさせる

ジャンプ機能の実装

8移動時の足音の実装

2種類の足音(歩行音と走っている際の音)の実装

9移動時の頭振りの実装

歩行時に視点がリズミカルに上下する機能の実装

10レーザーガンの実装

レーザー光線を発射できる機能の実装

11レーザーガンで物体に力を加える

レーザーで押す。落とす。撃ち抜く。

12照準器を作成する

13スパイダーフックの実装

空中を蜘蛛の糸のようなもので自由に移動できる機能の実装

14スパイドローンの実装

リモコン操作が可能なドローン機能の実装

15ショットモードの追加

レーザーガンに、『ゼロ重力モード』と『重力付加モード』を追加する

16投げる機能の実装

武器やアイテムなど物体を投げる機能の追加

17★アクションボタンの割り当ての改良

自分が一番使いやすいように各アクションの『ボタンの割り当て』を改良してみましょう!

18扉のオープン&クローズ

ダンジョン内の扉をオープンまたはクローズさせる仕組みの実装

19★扉のオープン&クローズをさらに改良、発展させる。

真ん中から、左右または上下に分かれる2つ扉の開閉の仕組みに挑戦する。物体を破壊したらドアが開閉する仕組みに挑戦する。

20赤外線レーザーセンサーを作る

RayとLine Rndererを組み合わせて、赤外線レーザーのセンサーを作成します。

21爆弾トラップ&プレーヤーダメージ

爆弾トラップでプレーヤーがダメージを受けるようにする。CharacterControllerの衝突判定(OnControllerColliderHitの活用)。ゲームオーバーシーンの作成(復習)

22ダメージで視界を揺らす

プレーヤーがダメージを受けたら視界を揺らす仕組みを作る。

23電流トラップ&プレーヤーダメージ

電流トラップでプレーヤーがダメージを受けるようにする。

24ガストラップ&プレーヤーダメージ

毒ガスでプレーヤーがダメージを受けるようにする。一定時間経過ごとにHPが減少する。

25爆風機能の追加

投げるアイテムに爆風機能を追加し、周囲のオブジェクトを吹き飛ばせるようにします。

26地上型の敵の外観を作る。

ProBuilderを駆使して、オリジナルの近未来型の敵を作成する。

27★オリジナルのゲームを開発する

ゲームのテーマ、ストーリー、ルールを決めましょう。それに沿って、自分だけのオリジナルゲームを開発しましょう。