紹介文

このコースではUnityを使ったシューティング・ゲームの作り方を基礎から学ぶことができます。Unity及びプログラミングは初心者の方を対象。テキストはUnityバージョン5.5.0で作成。プログラミング言語はC#

最終更新日時
2017年6月18日 03時51分
レッスン一覧
1プレーヤー①(画面とプレーヤーの設定)

シューティングゲームのプレーヤーの設定。2D風の画面設定を行う。

2プレーヤー②(プレーヤーを動かす)

シューティングゲームのプレーヤーをキーボードで動かす方法。コードの書き方

3プレーヤー③(プレーヤーの移動範囲を制限する)

シューティングゲームのプレーヤーの移動範囲を制限する方法。コードの書き方。Clamp( )メソッドの使い方

4ミサイルの発射①(ミサイル・プレハブの作成)

シューティングゲームの弾の作り方。プレハブの方法。プレーヤー専用のミサイル・プレハブを作成します。

5ミサイルの発射②(ミサイルスクリプトの作成)

シューティングゲームの弾の発射方法。キーボードの指定したボタンを押すとプレーヤーがミサイルを発射するようにします。

6ミサイルの発射③(発射ボタンの変更方法)

シューティングゲームの発射ボタンの変更方法。Project SettingsのInputを変更する方法

7敵の作成①(敵の外観を作る)

シューティングゲームの敵の作り方。親子関係の設定

8敵の作成②(敵を回転させる)

シューティングゲームの敵を回転させる方法。Rotate( )メソッドの活用

9敵の作成③(敵にHPをつける)

敵にHP(ヒットポイント)をつける方法。コードの書き方。プレーヤーのミサイルが当たるごとにHPを1ずつ減らす。エフェクトを出す方法

10敵の作成④(敵のHPを画面に表示する)

敵のHPをUIを使って画面に表示する方法。スライダーを使って敵のHPを表現する。

11敵ミサイルの発射

敵が自動でミサイルを発射するようにする。一定時間ごとに敵がミサイルを発射するような仕組み作り。

12プレーヤーのステータス①(HPを設定する)

プレーヤーにHP(ヒットポイント)をつける方法。コードの書き方。プレーヤーを非アクティブな状態にする方法

13プレーヤーのステータス②(HPを画面に表示する)

プレーヤーのHPをUIを使って画面に表示する方法。スライダーの設定

14プレーヤーのステータス③(残機数を画面に表示する)

プレーヤーの残りの機体数を画面に表示する方法(残機数をUIのアイコンで表示する)

15プレーヤーのステータス④(リトライの仕組みを作る)

ゲームオーバーでリトライ(リスタート)させる方法。Invoke( )メソッドの活用法

16プレーヤーのステータス⑤(ゲームオーバーシーンの作成)

ゲームオーバー用の新しいシーンの作成の仕方

17プレーヤーのステータス⑥(リスタートボタンの作成)

リスタートボタンを画面上に設置する方法。ボタンを作動させる方法

18UI①(ステージナンバーの表示)

画面上にステージのナンバーを表示させる方法。フェードアウトの設定方法

19UI②(スコアを画面に表示する)

ゲームのスコア(得点)を画面に表示する方法。UIのテキストを活用する方法

20UI③(UIを整理する)

これまで作成したUI(ユーザインタフェース)を整理する

21BGMを設定する

ゲームのBGM(背景音)を設定する方法とポイント

22タイトルシーンを作成する

シューティングゲームのタイトルシーンを作成する。ゲームスタートボタンの設置