紹介文

このコースではUnityを使ったシューティング・ゲームの作り方を学ぶことができます。Unity及びプログラミングは初級者の方を対象。テキストはUnityバージョン5.5.0で作成。プログラミング言語はC#

最終更新日時
2017年11月21日 11時18分
レッスン一覧
1背景をスクロールさせる

2枚の画像を使って無限スクルールを実現する。

2敵を移動させる

画面上部から下部に向かって敵を移動させる。画面外に出た敵を破壊する。

3敵を一定条件で発生させる

敵を生み出す発生装置の作り方。ランダム関数の使い方。コルーチンの使い方に慣れる。

4弾切れの発生①(一定時間連射で弾切れ)

一定時間連射を行うと弾切れになるようにする。

5弾切れの発生②(発射パワーを表示する)

発射できるパワーの量をUIで画面に表示する。

6弾切れの発生③(発射パワーを回復させる)

一定の時間が経過すると発射パワーが全回復するようにします。コルーチンの活用

7弾切れの発生④(発射パワーをリセットさせる)

プレーヤーが破壊された場合には発射パワーがリセットされるようにします。

8弾切れの発生⑤(待機時間を表示する)

パワーが回復するまでの待機時間を画面上にスライダーで表示します。

9★チャレンジ

①シーンを最低5ステージ作成する。②オリジナルの敵を作成する。③オリジナルのアイテムを作成する。④オリジナルのボスを作成する。

10アイテムの作成(ボスの攻撃を一定時間停止)

アイテムを取得すると一定時間敵の攻撃を止めることができる仕組みを作ります。「Timer」という概念を学びます。